読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成徘徊記

古新聞を片手に平成の日々を徘徊中

1月6日のできごと

2016 平成28年1月6日(水) 平成9860日目

北朝鮮】「初の水爆実験に成功」と発表

北朝鮮の国営メディアは6日、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の命令により「初めての水爆実験が成功裏に実施された」とする政府声明を発表した。北朝鮮の核実験は4回目。金正恩体制下では2013年2月に続き2回目となる。日米韓や中国など国際社会は実験強行を強く非難、国連安全保障理事会は7日未明、緊急会合を開き対応を協議する。

実験は6日午前10時(日本時間同10時半)ごろ、北東部の咸鏡北道豊渓里(プンゲリ)で行われたとみられている。北朝鮮メディアが同日正午(同午後12時半)から「特別重大発表」として報じた政府声明によると、実験は「完全かつ完璧に実施された」としている。《産経新聞

2015 平成27年1月6日(火) 平成9495日目

安倍晋三首相】経済3団体に賃上げを要請


http://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は6日、経団連など経済3団体が東京都内で開いた新年祝賀会であいさつし、今後2年間の引き下げ幅を決めた法人税減税に関連して「今後もさらに上乗せを目指していきたい。これは皆さんにかかっている」と述べ、減税を賃上げに回すよう迫った。

経団連榊原定征会長らは祝賀会後に記者会見し、経済の好循環を生み出すために賃上げが必要との認識をそろって示した。経済界が首相の呼び掛けに従う形で賃上げの機運が一気に高まり、2015年春闘に突入する。《共同通信

2014 平成26年1月6日(月) 平成9130日目

安倍晋三首相】伊勢神宮参拝後に会見


http://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は6日、三重県伊勢市伊勢神宮に参拝し、同市内で年頭記者会見に臨んだ。政権発足から1年余り実現していない日中、日韓首脳会談について、「困難な課題や問題があるからこそ、前提条件をつけずに首脳同士が胸襟を開いて話をするべきだ」と述べた。昨年末の自らの靖国神社参拝でさらに悪化した中韓との関係改善に改めて意欲を示したが、「首脳会談は現時点で見通しがあるわけではない」とも語った。《朝日新聞

2013 平成25年1月6日(日) 平成8765日目

京都府警】警察官舎で「下着ドロ」44歳の男逮捕

6日午前11時40分ごろ、京都市伏見区深草塚本町の京都府警官舎(待機宿舎)で、1階ベランダに女性用下着を持った男がつかまっているのを外出しようとした非番の南署巡査部長(37)が見つけた。 声を掛けると男が逃げたため、近くにいた非番の警察官2人と取り押さえ、窃盗などの疑いで現行犯逮捕した。 伏見署によると、逮捕されたのは自称伏見区竹田久保町、A容疑者(44)。 逮捕容疑は官舎の警部補(52)宅から下着2枚を盗むなどした疑い。《京都新聞

2012 平成24年1月6日(金) 平成8399日目

宮根誠司アナ】隠し子の存在を認め謝罪

フリーアナウンサー宮根誠司(48)が6日、司会を務める読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で“隠し子"の存在を報じた女性週刊誌「女性セブン」の報道を「すべて事実です」と認め、謝罪した。6日発売の同誌によれば、宮根は妻とは別の、大阪市内で飲食店を経営する女性(32)との間に3歳の女児がいるという。

女性とは結婚前の04年ごろ知り合い交際に発展。06年8月の結婚後も関係は続き、07年春ごろ、女性から妊娠したことを告げられた。女性は08年2月に出産し、宮根は認知。昨年5月に宮根の長女を出産した妻も承諾しているという。《デイリースポーツ》

2011 平成23年1月6日(木) 平成8034日目

菅直人首相】民主党首脳と会談


http://www.kantei.go.jp/

菅直人首相は6日、民主党岡田克也幹事長、輿石東参院議員会長らと官邸で会談し、12日に両院議員総会を開く方針を決めた。13日の定期党大会を前に、政権運営に批判的な議員らの「ガス抜き」を図るのが狙い。

首相は小沢一郎元代表が出席意向を示した衆院政治倫理審査会を今月下旬召集の通常国会前に開催することを含め、国会審議で野党から協力姿勢を引き出すための態勢づくりを指示。国会の空転回避に向け「野党の考えを聞いた方がいい」と野党との調整開始も求めた。《福井新聞

2010 平成22年1月6日(水) 平成7669日目

藤井裕久財務相】辞任

鳩山由紀夫首相は6日夜、藤井裕久財務相の辞表を受理し、後任に菅直人副総理兼国家戦略担当相を起用する人事を決めた。翌年度予算決定後、10日あまりでの財務相(旧蔵相)辞任は異例。国家戦略担当相は仙谷由人行政改革担当相が兼務する。閣僚辞任は昨年9月の鳩山内閣発足後で初めてとなる。《福井新聞

2009 平成21年1月6日(火) 平成7304日目

麻生太郎首相】定額給付金撤回要求を拒否

衆院は6日、中川昭一財務相の財政演説に対する各党代表質問を行い、国会論戦がスタートした。野党各党は総額2兆円の定額給付金を「究極の大愚策」(鳩山由紀夫民主党幹事長)と批判し、2008年度2次補正予算案からの削減を要求。

麻生太郎首相は「家計への緊急支援であり、消費を増やす経済効果もある。生活対策の重要な政策の一つだ」として拒否、国会は冒頭から全面対決の様相となった。《福井新聞

2008 平成20年1月6日(日) 平成6938日目

公明党太田昭宏代表】「福田首相は大連立を否定」

公明党太田昭宏代表は6日のNHKの番組で、自民、民主両党の大連立構想について「福田康夫首相は今の段階で可能性を否定していると思っている」と述べ、首相が大連立をなお模索しているとの見方を否定した。《福井新聞

広告

 

2007 平成19年1月6日(土) 平成6573日目

安倍晋三首相】明治神宮を参拝

安倍晋三首相は6日、現職首相として6年ぶりに東京・代々木神園町の明治神宮を参拝した。中国首脳の来日が具体化する中、当面困難視される靖国神社参拝に代え、森喜朗元首相までほぼ恒例となっていた明治神宮参拝を復活させることで、保守層に自身の政治姿勢をアピールしたい思惑もありそうだ。《福井新聞

2006 平成18年1月6日(金) 平成6208日目

小泉純一郎首相】予算の3月成立を指示

小泉純一郎首相は6日午前の今年初めての閣議で「まずは予算を年度内に成立させることが大事だ」と述べ、20日召集の通常国会で2006年度予算案の3月末までの成立に全力を挙げるよう各閣僚に指示した。《福井新聞

2005 平成17年1月6日(木) 平成5843日目

小泉純一郎首相】スマトラ沖地震「アジアの痛みはわれわれの痛み」


http://www.kantei.go.jp/

インドネシアスマトラ沖地震津波被災国に対する復興支援緊急首脳会談が6日ジャカルタで開かれ、今後6ヶ月間で約10億ドルの拠出を求めた国連の緊急アピールに各国が協力する決意を示し、インド洋の津波警報システム構築などをうたった共同宣言を採択し、閉幕した。出席した小泉純一郎首相は「アジアの人々の痛みは、われわれの痛みだ」と述べた。《共同通信

2004 平成16年1月6日(火) 平成5477日目

小泉純一郎首相】参院選勝利へ結束呼び掛け

自民党は6日午前、党本部で小泉純一郎首相(党総裁)が出席して「仕事始め」を行い、19日召集予定の通常国会、夏の参院選に向け気勢を上げた。首相は昨年11月の衆院選で与党が絶対安定多数を確保したことを踏まえ「この信任を基に、参院選でも与党が確固たる安定した基盤を得て、衆院選で約束した公約を実現するために努力しなければならない」と強調した。《福井新聞

2003 平成15年1月6日(月) 平成5112日目

小泉純一郎首相】年内解散を否定


http://www.kantei.go.jp/

小泉純一郎首相は6日午前、首相官邸で年頭記者会見を行い、9月の自民党総裁選を有利にするため、衆院解散に踏み切るとの見方について「絡めるつもりは全くない」と明確に否定し、総裁選が予定通り実施されるとの見通しを示した。また衆院解散・総選挙について「今年、解散するつもりはない」と明言。その理由として、衆院自民党が単独で過半数を確保、公明、保守新との連立体制が維持されていることを挙げた。《福井新聞

2002 平成14年1月6日(日) 平成4747日目

自民党山崎拓幹事長】消費税アップ「当面不可能」

自民党山崎拓幹事長は6日のNHK番組で2月から党税調で審議を開始する予定の税制抜本改正に関連し「(消費税増税は)中期的な課題であり、当面は政治的には不可能」と明言、消費税率引き上げには踏み込まないとの見通しを示した。《福井新聞

2001 平成13年1月6日(土) 平成4382日目

【中央省庁再編】1府12省庁体制スタート

中央省庁を1府12省庁に再編した新体制が6日、スタートした。首相官邸で開いた新体制下の閣議で森喜朗首相は(1)再編のメリットが国民に見えるよう事業の連携、施策の融合を推進(2)国民本位の行政のため、旧省庁の帰属意識を捨て新組織の一体感を醸成、を指示。

「生まれ変わった政府を率い、責任と実行の内閣として日本新生に全力を尽くす」と決意を表明した。行政への信頼確保を目指した「大臣規範」も決めた。《福井新聞

2000 平成12年1月6日(木) 平成4016日目

小渕恵三首相】沖縄訪問は3月以降

小渕恵三首相は6日昼、7月に行われる主要国首脳会議(沖縄サミット)の会場施設視察について「完成したら行きたいと思う」と述べ、沖縄県名護市で建設が進む「万国津梁館」が完成する3月以降に沖縄を訪問し、一連の施設を視察したいとの意向を示した。《福井新聞

小渕恵三首相】サミット準備事務局の職員を激励


http://www.kantei.go.jp/

小渕首相は6日、外務省九州・沖縄サミット準備事務局を訪れた。同事務局は昨年7月に設置され、警察庁や民間航空会社などからの出向者も含め45人。首相は本村芳行事務局長から準備状況などの説明を受けたあと、職員の仕事ぶりを見て回り、激励した。

視察を終えた首相は「アジアで開催される7年ぶりのサミットを是非成功させていかねばならない。アジアの声を各国の首脳に十分伝えたい。沖縄の存在を広く世界に示す絶好のチャンスだ」と記者団に語った。《首相官邸

1999 平成11年1月6日(水) 平成3651日目

小渕恵三首相】欧州歴訪に主発

小渕恵三首相は6日午後、フランス、イタリア、ドイツの欧州3カ国歴訪のため、千鶴子夫人とともに羽田発の政府専用機で最初の訪問地パリに向け出発した。

出発に先立ち、首相は首相官邸で記者団に対し「(欧州単一通貨)ユーロが使われるようになった直後、21世紀に経済発展の役割をともに果たすべきヨーロッパを訪問できるのは意義深い」と抱負を語った。《福井新聞

1998 平成10年1月6日(火) 平成3286日目

自由党】旗揚げ:党首に小沢一郎

小沢一郎新進党党首を中心とする「自由党」は6日、都内のホテルで結成両院議員総会を開き、小沢氏を初代党首に選出、衆参両院議員54人(衆院42人、参院12人)で旗揚げした。この後の常任幹事会で副党首に西岡武夫、副代表常任幹事に野田毅両氏を充てる主要人事を決めた。野田氏は幹事長、政策責任者も兼ねる。《福井新聞

橋本龍太郎首相】「金融、景気に全力」


http://www.kantei.go.jp/

橋本龍太郎首相は6日午前の年明けの初閣議で、今後の政権運営に関連して「金融システム安定と景気回復に万全を期し、今日までの経験と反省に立って日々全力を尽くす」と述べた。《福井新聞

1997 平成9年1月6日(月) 平成2921日目

社民党・久保亘前蔵相】離党表明

社民党参院議員の久保亘前副総理兼蔵相は6日午後、議員会館で記者会見し、民主リベラル勢力結集を目指して同党を離党すると正式に表明した。一両日中に離党届を提出する。

久保氏の動きとは別に同日、民主党入りを希望し参院議員の藁科満治前官房副長官が離党届を提出、前川忠夫氏も離党することを明らかにした。ほかに千葉景子前副党首らの民主党入りも確実視され、昨年10月の参院選惨敗から党再建を目指す土井たか子党首ら社民党執行部にとり大きな打撃となろう。《福井新聞

1996 平成8年1月6日(土) 平成2555日目

新進党】「村山首相は責任放棄」

新進党は6日、小沢一郎党首、米沢隆幹事長らが協議した結果、臨時国会召集をめぐる8日の衆院議院運営委員会で「予算編成した首相が通常国会の審議前に辞めるのは前代未聞で、筋論としておかしい」と村山首相の責任放棄を追及する方針を決めた。

1995 平成7年1月6日(金) 平成2190日目

村山富市首相】「改革から創造へ努力」


http://www.kantei.go.jp/

村山首相は6日の今年最初の閣議で「政権発足以来、政治改革、税制改革などの懸念を片付けてきた。今年は戦後50年にあたるが、この50年を振り返り、次の50年に向かって改革から創造へと努力していこう」とあいさつ、年頭会見で表明した「村山ビジョン」に沿って、活力ある経済社会の創造など諸課題に取り組む考えを強調した。《福井新聞

1994 平成6年1月6日(木) 平成1825日目

細川護熙首相】「雇用確保に全力」


http://www.kantei.go.jp/

政府は6日、長引く不況で深刻化する雇用情勢に対応するため、細川首相を本部長とする「緊急雇用問題等対策本部」を設置、初会合を開いた。

首相はこの中で「対策本部を内閣に設置したのは経済政策、産業政策と一体となって、雇用問題への対応策を機動的に講じていくためだ」と述べ、政府全体として雇用確保に全力を挙げる姿勢を強調した。《福井新聞

1993 平成5年1月6日(水) 平成1460日目

【皇太子さま】婚約内定報道


長かった独身生活にピリオド。皇太子さまの婚約のお相手に6日、外交官の小和田雅子さん(29)が内定した。皇室外交の担い手として申し分のないカップル。「価値観の一致する人」「料理の上手な人」と理想の女性像を語られていた皇太子さまだったが、一時はお妃選びでの難航が伝えられ、弟の秋篠宮さまのご結婚が先行した。

報道自粛の協定が結ばれるなど異例の展開となったものの、理想を貫いた6年余の交際が実を結んだ。2人を温かく見守り続けてきた天皇、皇后両陛下はじめ天皇一家は大きな喜びに包まれ、小和田さんの家族は、突然の協定解除に戸惑いながらも「感慨深いものがあります」と安どの表情。街では突然の朗報に祝福の声が相次いだ。《福井新聞

1992 平成4年1月6日(月) 平成1094日目

グルジア】大統領が逃亡

反大統領派の武装攻撃を受け、昨年12月22日からグルジアの首都トビリシの政府庁舎に立てこもっていたガムサフルディア・グルジア大統領は6日未明、家族や側近らと車で庁舎を脱出、隣国アゼルバイジャンに逃走した。

これにより一昨年秋の総選挙で「自由グルジア円卓会議」を率いて共産党に圧勝、初の非共産政権を樹立しソ連からの独立を指導したガムサフルディア政権は「独裁政権だ」と批判する野党派の武力攻撃によって崩壊した。《福井新聞

1991 平成3年1月6日(日) 平成729日目

【全日本スピードスケート】橋本聖子選手が10連覇、青柳徹選手が5連覇

スピードスケートの第59回全日本選手権最終日は6日、北海道釧路市の柳町スケート場で行われ、女子は橋本聖子(富士急)が10年連続10度目、男子は青柳徹(日体大)が5年連続5度目の総合優勝を果たした。

橋本は5000メートルでは山本宏美王子製紙)に敗れて2位に終わったものの、1500メートルは制し、総合では危なげなく貫禄の優勝。男子は1500メートルで小竹直喜(三協精機)、1万メートルでは高校2年生の白幡圭史(釧路商)がそれぞれ優勝をさらったが、青柳は各種目とも安定した力を発揮して総合では逃げ切った。《読売新聞》

1990 平成2年1月6日(土) 平成364日目

海部俊樹首相】小沢一郎幹事長と会談


http://www.kantei.go.jp/

政局の焦点となっている衆院解散時期は、海部首相の施政方針演説と各党の代表質問が衆院段階でほぼ一巡後の25日が有力となった。

これは海部首相が6日昼、小沢幹事長首相官邸で約1時間20分にわたり会談、通常国会再開から衆院解散・総選挙日程をめぐり意見調整した結果、首相が8日から18日までの欧州歴訪の成果を見込んだ施政方針演説と、それに対する各党代表質問を行い、総選挙の争点を明確にしたうえで解散に踏み切りたい、との意向を重ねて表明したのに対し、小沢氏も首相の考えに同意したためだ。《福井新聞

1989 昭和64年1月6日(金)

竹下登首相】総力あげ新税制推進

政府は、6日の新年初閣議で、新税制である消費税をスムーズに4月から実施するための「新税制実施円滑化推進本部」(本部長・竹下首相)を設置した。初会合は10日開かれ、期間は2年をメドとしている。

首相は閣議で「税制改革は、経済、社会の活力を維持し、豊かな長寿社会をつくるためにも重要だ。自ら陣頭に立ち、新しい税制の広報、相談、消費税の円滑な転嫁、便乗値上げの防止に総力を挙げて取り組みたい。閣僚各位は、事務当局を督励して、具体的かつ真剣に取り組んでほしい」と指示した。《読売新聞》

広告